「曽爾高原の夕暮れ」[奈良県)絵と文 井上晴雄 - 絵画と文で綴る「農村やなつかしい風景」 (井上晴雄 絵画作品集U)

「曽爾高原の夕暮れ」[奈良県)絵と文 井上晴雄

   「曽爾高原の夕暮れ」

奈良県と三重県のちょうど県境付近に広がる曽爾高原にはススキが群生している。夕暮れ時、曽爾高原では自生するススキが涼風に吹かれて静かに揺れ黄金色に染まる。
曽爾高原の夕暮れ.jpg
静かに過ぎていく美しいひととき 「曽爾高原の夕暮れ」絵と文 井上晴雄
2013-09-03 00:15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本ならではの農村には、緑があふれ、ゆったりとした時間が流れています。そんな豊かな自然のなかで、人々は農作物を丹精込めて育ててきました
スポンサーリンク

あたたかい陽の光、清らかな水、澄んだ空気、土のぬくもり・・豊かな自然のなかには、人間が心身共に幸せな暮らしをするためのヒントが散りばめられているような気がします
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 絵画と文で綴る「農村やなつかしい風景」 (井上晴雄 絵画作品集U) All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。